経費節減は、会社のためにはなりません!

利益を出すため経費節減は、一時しのぎに過ぎません。

税理士用箋

無駄な経費を削減したら、次は、売上アップのため積極的な行動を取らなければなりません。

経費を節減し、ひとまず、赤字をなくしたとしても、そのままでは、また、売上がダウンし、さらなる経費節減を迫られる。

負のスパイラルにおちいります。

経費の中で最も大きい割合なのは、人件費です。

電卓

人件費は、上手に使えば使った以上に回収できます。最も大きい金額でかつ最も重要な経費なので、しっかり把握しましょう。

さらに、広告宣伝費や教育研修費は、業績が悪くなると真っ先に見直される金額ですが、広告宣伝費や教育研修費を削減してしまうと、お客様が減ってしまったり、サービスの質が低下してしまいます。会社の競争力の低下につながります。
広告宣伝費と教育研修費は、積極的に使うべき経費です。上手に使っていきましょう。

節税は、経費を使うタイミングで行なえます!

現在、法人税の実効税率は30%です。

100万円の利益が出ると、約30万円の法人税等がかかります。
税金を払ったあとで、20万円の広告宣伝費を使うと、50万円手元に現金が残ります。
100万円-30万円-20万円=50万円

20万円の広告宣伝費を税金対策として、決算を迎える前に使った場合どうなるでしょうか?

100万円の利益は80万円に減りますので、法人税等も約24万円に減少します。
広告宣伝費と税金を払った後の手許現金は、56万円です。
100万円-20万円-24万円=56万円

決算日を迎えたあとに、広告宣伝を行う場合と決算日を迎える前に広告宣伝を行う場合では、手元に残るお金が6万円も違います。
経費を使うタイミングで、お金をより効率的に動かすことができますので、覚えておいてくださいね。

経費を上手に管理する方法は、経営計画を立てることです。
長さを図るものは「ものさし」。重さを測るものは「秤」。
会社の業績をはかるものが「経営計画」です。
経営計画を立てて、毎月実績とくらべることで、会社の問題点が分かります。
例えば、計画では売上高100万円でした。実績の売上高は80万円です。この計画と実績の差額20万円が会社の問題点です。
売上が足りないので、例えば「新聞の折込広告を出す」「DMを出す」「営業に力を入れる」などの対策を講じる必要があります。
継続的に、計画と実績を比べることで、対策の効果を図ることができます。
新聞の折込広告を出したら、売上が計画を上回ったのならば、継続的に折込広告を続けようと言う判断ができます。
常に、計画と実績を比べることで、スムーズな経営を行うことができます。

税理士 関口義宏

経営計画は、どうやってたてたら良いでしょうか?

経営計画を立てる時、一般的には売上高から順番に決めて行くことが多いかもしれません。
「今期の売上高が100だったから、来期の計画は20%upの120にしよう」というぐらいに。

会社経営で、いちばん大切なのは利益です。売上高から決めていき、利益まで計算してみたら、結局赤字だった。となると、計画を立て直さなければなりません。
何回も修正するのは、時間も手間もかかってしまいます。そこでどうしたらよいかと言うと、利益を先に決めちゃいます。

経営コンサルタントの神様一倉定氏は、「経営は逆算である」と言っています。
まず、利益を決めましょう。

経営計画

利益①を決めたら、営業外費用②と営業外利益③及び期間費用(⑥~⑨)である経費をいくら払うかを決めていきます。
利益と期間費用が決まったら、稼ぎ出さなければいけない粗利金額⑩が決定します。
粗利金額が計算できれば、前期の粗利率を用いて、目標売上高⑫を計算することができます。

Ⅰ利益の決定
Ⅱ期間費用の決定
Ⅲ利益+期間費用=粗利金額
Ⅳ粗利金額÷前期の粗利率=目標売上高

ざっくりと、4段階で目標利益金額まで計算できます。

 

まず、利益を決めろと言われても…。という方もいると思います。次に利益の決め方を説明しますね。
 

現在、赤字の会社は、「まずは利益がとんとんに持っていこう」というのも立派な目標です。

借入金を返済している会社は、次の算式を参考にして目標の利益を計算してみましょう。

(1年間の借入金元金返済額-減価償却費)÷0.7=目標利益金額

この算式で計算した目標利益金額は、借入金の元金返済をして、税金を払ったあとの現金預金を減らさないための利益目標です。

借入金の元金返済は、税金を払ったあとの利益で返済していきます。経費の中で、減価償却費は、現金の支払いが伴わない経費なので、控除します。最後に0.7で割り算するのは、今の法人税の実効税率が大体30%なので、0.7で割返すことで、税金を払う前の目標利益を計算することができます。

「経営計画をたててみたいけど、一人では不安」と思ったあなた。

ここまで、読んでみて、業績アップのために経営計画をたててみたいと思ったけど、一人で計算していくのは難しそうだなぁと思ったあなた。

2005年の開業以来、のべ1000社以上の決算をお手伝いしている税理士関口義宏が代表の和み税理士つくし野オフィスが全面的にサポートします。

2期分の決算書をお預かりさせていただき、私どもが、貴社の状況を分析します。その後、Web会議を利用して、経営計画が完成するまで完全サポートします。さらに、その後2ヶ月間作成した経営計画をどの様に活用するかもサポートいたします。

経営計画の作成及び活用のサポートを含んだ特別のコースをご用意しました。

サービスの内容は、次のとおりです。
 

・経営計画作成のサポート
・計画と実績の比較実践
・現状の財務診断
・会社のミッション作りサポート
・MGへのご招待

体験コースは、通常価格248,000円(税抜)のところ、30,000円(税抜)で体験していただけます。

しかし、和み税理士法人つくし野オフィスのマンパワーには限界があります。サービスの質を落とさないため、月3社様に限りサービスの提供をさせていただきます。定員がいっぱいのときには、サービス開始までお待ちいただくことになりますことをご了承ください。

お客様の声

要社長
山崎さん
和み税理士つくし野オフィス写真
店舗名

和み税理士つくし野オフィス
住所 〒194-0001 東京都町田市 つくし野1-29-1 つくし野第2ビル304
電話番号 0120-900-394
営業時間 9:30~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄駅 つくし野駅
ご紹介

和み税理士つくし野オフィスは、東急田園都市線つくし野駅から徒歩1分。 町田近郊だけではなく、横浜や川崎で会社を構える経営者様や、個人事業主様にも1時間以内でお越し頂けます。 横浜からならJRと東急のご利用で約40分。
room
ACCESS
町田にある和み税理士つくし野オフィスでは、開業支援を行っております。
個人事業主の方が、法人設立をしようと決意した際は、ぜひご相談ください。
さらに、個人の所得税の確定申告のご相談にも対応しております。
まずは個人で小さな規模で、開業して、ゆくゆくは法人設立をと希望している方も一度ご相談ください。
町田の和み税理士つくし野オフィスは、納得のいく価格で高いリピート率を誇っております。

和み税理士法人つくし野オフィス 代表関口義宏からのご挨拶

税理士 関口義宏

当社のホームページをここまで読んでいただき、誠にありがとうございました。

私は、大学卒業後、トラックの運転手になり、ヤナセの車を運んでいました。
その後、税理士を目指し、試験勉強を始め、最初の受験をしたあとで、地元の会計事務所へ就職しました。
税理士試験は、11科目のうち5科目を合格する試験です。
私は、5科目合格するのに6年かかりました。勉強をしていた6年間のうち、5年間は会計事務所で働いていました。
お客様の会社へ訪問し、資料を預かり、事務所に戻って資料を処理して、翌月試算表をお渡しする。こんなサイクルで働いていました。
当時の私は、毎月渡している試算表のどこを見ればよいのか?経営に活かすにはどうしたら良いのか?全然知識がありません。
常に「お客様の役に立っているだろうか?」と疑問を持ち仕事をしていました。

税理士試験は、決算書の作成や税金の計算のスキルを確認する試験で、決算書を経営にどういうふうに活用するかということは学びません。
私は、税理士になってから働いていたときのことを思い出し、「決算書を経営に活かすにはどうしたらよいか?」を学びました。
書籍やいろいろな研修に参加して、行き着いたのが「経営計画の作成」です。
経営計画は、自身の事務所経営にも活用してますので実践の経験もあります。

今回のサービスをあなたに体験していただき、経営の悩みの軽減のお役に立てたら、この上ない喜びです。

このサービスには、本当に自信があり、あなたにもきっとこのサービスを満足していただけるという自負があります。

しかし、和み税理士つくし野オフィスは大手の税理士事務所ではありません。あなたが私達のサービスを申し込みになる事に不安があると思いました。

そこで、今回の体験コースで、まずは和み税理士つくし野オフィスのサービスの良さを知っていただければと思います。

体験後、全く役に立たなかったと思った場合にはご連絡をいただければ、料金は全額返金いたします。

また、体験コース終了後、しつこい営業は行いませんので、安心してお申し込みください。

 

月3社限定のサービスです!

なるべく早く体験していただくことをおすすめしますが、まずは、ぜひ資料を請求してみてください。

資料請求は、下記のお問合せフォームからお申し込みください。

お名前、ご住所、メールアドレスと電話番号を入力した上で、お問い合わせ内容に「0009:体験コース資料請求」と入力してください。

最後に、個人情報同意のチェックを付けて、「次へ」に進んでください。

問い合わせがありましたら、担当の者から連絡させていただきます。

満足しなければ、全額返金を保証いたしますし、しつこい営業は行いませんので、安心して資料請求してください。

ありがとうございました!